婚約指輪と結婚指輪を兼ねたエタニティリングは、シンプルなデザインながら豪華さもあって今大変注目を集めている、新感覚の結婚指輪なのですが、一方で指輪の重ね付けという使い方も指先のおしゃれを楽しみたい人の間で人気となっています。
指輪を重ね付けると聞くとなにやら怪しい職業の人か、成金主義を連想しがちですが自己主張しすぎない程度に、可愛らしさや上品さを演出してくれますから、違和感なく装着できます。予算を考えて彼からの婚約指輪を遠慮した女性らの中には、後になってやはりもらっておくのだったと後悔する声も聞こえてきます。女性は子どもの授業参観や友達の結婚式あるいは同窓会など、フォーマルな場所に出ていく機会が男性よりも多いのです。他のお母さん仲間が豪華な婚約指輪をはめているのを目の当たりにすすれば、うらやましくなったり寂しくなったりしても自然です。
かといって指輪をいちいち脱いだり付けたりしていたら、そのうち無くしてしまうかもしれません。そうした事から婚約指輪も普段使いで付けていたいという声が増えていったのです。実際指輪のセット売りでお得になるケースも増えていますし、格安で指輪を作れるサービスが様々ありますから、新感覚の指輪の楽しみ方として重ね付けも検討の余地に入れておいて損はないのではないでしょうか。

結婚指輪や婚約指輪は用途の違いから結婚指輪として両方準備すべきと考えるケースもありますが、現実問題としていずれも大変高価なだけに、いざ購入となると躊躇してしまう人も多いはずです。一般的には男性から女性へ贈られるものですから当然ながら男性の懐からお金が出る事になりますが、結婚後の新生活や他の結婚費用まで計算すると、かなりの出費を覚悟する事になります。
そうした事から指輪を購入しないと話しあって決めているカップルも実際多いです。そもそも婚約指輪は婚約期間限定で装着するもので、その後はほとんどはめる機会もない事を考えると、わざわざ結婚指輪と合わせて購入する必要を感じないと考えるカップルもいます。しかしながら男性は仕事の都合上指輪をはめる機会が少ない事に加えて、葬儀の時にはきらきらしたものが忌み嫌われる事を考えると、婚約指輪をはめる必要性を実感できない人は多いのですが、女性は意外とはめる機会は多いのです。
しかし同様に婚約指輪を忌み嫌う機会も少なからずある現実を考えて、結婚指輪と婚約指輪を兼ねたエタニティリングに注目が集まるようになりました。エタニティリングは、ゴールドまたはシルバーリングに小粒ダイヤを一面に埋め込んだシンプルなデザインの結婚リングです。従来は結婚記念日に男性から女性へ贈られていたものだったのです。

今回のお話は“婚約指輪と結婚指輪を合わせた指輪”についてです。“婚約指輪と結婚指輪を合わせる”と聞くと不思議に感じる人が多いのではないでしょうか。そもそも用途が違いますから、1つの指輪ですますと言うことならどこからどこまでが結婚指輪で、どこからどこまでが婚約指輪なのか切り替えがよく理解できないと混乱してしまいます。
かといって婚約指輪と結婚指輪とをペアで一括購入できるほど、裕福なお家柄の人ばかりではありませんから、よほど前から準備しておかなければならなくなります。ちなみに結婚指輪と婚約指輪の違いは文字通り婚約の際にプロポーズと共に贈るのが婚約指輪で、挙式当日に指輪交換する際に使用されるのが結婚指輪という事と、婚約指輪は永遠の愛の証として男性から女性は贈られるのに対して、結婚指輪は永遠の愛を誓いあったカップルが、結婚という契約を結んだ事を内外に知らせるものです。歴史的には婚約指輪の方が古く、後になって基督教社会を中心に広まったのが結婚指輪です。婚約指輪はどちらかと言えばフォーマルな場所で装着されますが、結婚指は普段使いで使用されるのが一般的です。
それゆえ結婚指輪の方がシンプルで種類もさほど豊富ではありません。ダイヤモンドや誕生石が装着されるのは婚約指輪が多いですから管理にやや手間がかかりますが、種類が豊富でデザインも豪華なものがほとんどです。使い分けはそれぞれの考え方がありますから、ルールは特にありません。近年は重ね付けするケースや兼用で用意されるケースなど様々です。

Scroll To Top